師匠は一人遊びが苦手

「豚の角煮」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。なんの感情もない人だって。あなたにとって、「師匠」はどんな感じ?
フレーム上

どしゃ降りの木曜の午前は友人と

私は、肌が弱く、化粧は少しも使用できないし、化粧水も限定されている。
従って、フルーツやサプリメントの力にお任せになっているが、長らく摂っているのがゼラチンだ。
コーヒーに入れて、日々習慣にしているけれど、多少は素肌がハリが出てきた。
なんと、飲むようになってから調子が良くなるまで即効性があったので、驚いた。

風の強い水曜の明け方にお菓子作り
夕食時に、アサヒビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近、その後にワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に外に出かける仕事がない時に限定されるけれど。
横浜にいた時に、住んでた部屋の近くでワインショップを見つけて、父の日のために買ってみた。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円くらいのワインを探しています」なんて言って。
父にプレゼントした、ワインが1万円ほどしたことを我慢できずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、ないようだった。
この一件で、私はあまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー最高だと感じる時間の友だったら、金額や質にはこだわる必要は、今のところない。

ぽかぽかした木曜の午後はシャワーを

今晩は家族と外で食べる事になっているので、少年は期待に胸が高鳴っていた。
何を注文しよう、と夜が待ち遠しくて、いろいろと思いを巡らしていた。
ハンバーグやオムライス、天丼やカツ丼、などなど、メニュー表には何があるのかも楽しみだった。
今回は近所にあるファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは後部座席で、黙って座っている。
少年は車から降りると、喜び勇んで入り口のドアを真っ先に開けた。

雪の降る仏滅の朝に想い出に浸る
田舎に住んでいると、ネットショップでものが手軽に購入できるようになったのが、ものすごく便利だ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒しかなく、本の品ぞろえも悪いから、購入したい小説も買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりオンラインショップで買う方が簡単だ。
なぜならば、本屋に行くのにマイカーで30分以上かかるからすごくめんどくさい。
ネットに慣れたら、本以外もネットで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は必ずオンラインショップ購入だ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

息もつかさず踊る彼と冷たい肉まん

3年前、体調が悪いのに、偏食と、睡眠の時間帯が良くなかったので、吹き出物が多発した。
このままじゃヤダと考えて、食生活を改善することを誓い、肌に役立つ事をし続けようと情報収集をした。
すると勧められたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
しばらくたった今でも毎晩飲んでいる。
レモンよりもCが豊かに摂れるとの事だ。
健康的な体と美容はやはり食事から出来るのかもしれない。

余裕で話す姉妹と季節はずれの雪
御盆が近くなって、とうろう流しなどのイベントが近くで行われている。
付近の観光施設では、竹や和紙で制作されたとうろうが並べられていた。
付近のイベント会場では、夜に電気の明かりはついてなくて、キャンドルの照明だけというのは、たいそう良かった。
竹や木の中でキャンドルがついていて、マイルドな灯りになっていた。
繊細な照明が付近の木々を照射していてとても幻想的だった。

風の無い月曜の午後はこっそりと

ある夜遅く、私は友達と、都内からレンタカーを利用し、茅ヶ崎に向かった。
それは、宝物の一眼レフのカメラで夜景を撮影するためだったが、上手に撮れない。
海岸は久々だったこともあり、そのうち靴を脱いで海に入りはじめた。
だんだん飽きてしまい、浜辺で小さな城を作ることをするようになった。
その時位までは、おそらく近くに置いていたCANONの一眼。
しっかりはしゃいで、帰路の中、ガソリンスタンドで一眼レフがケースにない事に驚いた。
がっかりして家まで戻ったけど、長い間、すごくさみしかった記憶がある。
多くのメモリーが記憶されていた私の一眼、今はどこにあるんだろう?

笑顔で歌う兄さんと失くしたストラップ
友人の彼氏が梅干し屋さんとの事。
博多に本社を置き台湾に店もあり、関西の方に自社工場がある。
全国に定期的に、数人で組んだグループで試食会をするらしい。
深夜に、これを聞いていると、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言ったら、もちろん!と言いながら出してくれた。
この子と食べた梅干しが、これまでで最高に美味しかった。
なんと、早速梅干しを注文してしまった。

よく晴れた水曜の深夜に窓から

ある真夏の朝。
少年は家の庭で、アリの行列が虫の死体をせっせと運ぶところをまじまじと見ていた。
蟻たちは一生懸命働いているのだが、虫の死骸ひとつでこんなにたくさんの蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は首をかしげた。
少年は、蟻たちの運んでいる虫の死体をとったらどうなるかな、という欲求にかられた。
でも、今日はだまって見守ることに決めた。
真夏だから、少年の汗は頬を伝い、しずくとして蟻たちの近くに落ちた。

蒸し暑い大安の夕方に歩いてみる
そんなに、テレビドラマは見ないけれど、近頃、それでも、生きていくを毎週視聴している。
殺人犯側の両親と妹と被害者の家族が出会ってというストーリーで、通常はありえない話の流れだと思う。
殺された小さな子の親兄弟と殺人犯側の親兄弟のどちらも不幸に包まれている話が出されている。
ストーリーの内容は非常に暗いと思うけれど、しかし、映像の色づかいはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がすごく多く、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がものすごく多用されている。
このあと、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 師匠は一人遊びが苦手 All Rights Reserved.

ページの先頭へ