師匠は一人遊びが苦手

「サイダー」のことが好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。どうでもいいと思っている人も。あなたが考える「猟師」はどうなんだろう?
フレーム上

無我夢中で大声を出す兄弟と飛行機雲

ある暑い日の午後、少年はお母さんからお使いをおねがいされ、はくさいとネギとぶた肉を買いにいく途中であった。
少年はほくそ笑んだ。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!いやっほぅ!…と。
だが、ありえない事が次の瞬間に起きた。
なんと、ズボンのポケットに入れていたはずのお使い用の2千円が、ないのである!
少年はスーパーのレジに並んでいる時、念のためズボンのポッケに手を突っ込んで確かめてみたのだ。
そして、その瞬間、お金がないことを知ったのである。
怒られるのを覚悟して、少年は何も持たずに家に帰ることにした。
次からは、お金はクツかくつ下に入れることにしよう。
少年は空を見上げて固く決意した。

薄暗い日曜の夕方は昔を懐かしむ
ベローチェでもドトールでも、いろんな場所で香り高いコーヒーを飲める。
他にも、部屋でインスタントを入れても手軽だし、どこかで缶コーヒーでも。
私が好きなのがスタバだ。
全店禁煙と言うのは、タバコの無理な私にとってポイントだ。
なので、コーヒーの匂いをより良く味わうことができる。
値段も決して安くはないが、立派な豆が使われているのでコーヒー好きにはたまらないと思う。
甘いもの好きには毎回コーヒーとともに、ついついケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

怒ってダンスする弟と草原

なぜか肉類をそこまで好物ではない食べるものはどうしたって魚が主流になってくる。
そのことから、この時期の、土用の丑の日は、自分にとってのイベントだ。
江戸のあたりでウナギを開く場合、背開きという風習が現在も続いている。
何故か話すと、江戸の頃より武家社会だったので、腹開きだと切腹に由来してしまい、良くないため。
一方で、関西で開く分には、腹開きの場合が習慣。
理由は、大阪の方は商人文化の場所なので腹を割って話そうという事につなげているから。
他にも、自腹を切るの言い方にも通じるので、場所によっては良くない時も。
理由は、大阪の方は商人文化の場所なので腹を割って話そうという事につなげているから。
他にも、自腹を切るの言い方にも通じるので、場所によっては良くない時も。
こちらの知識は、旅行会社で働いていた時に、常に、観光客に言っていた内容です。
都内から出発して、静岡県の三島のウナギを食べに向かおうという内容。

涼しい金曜の夜にゆっくりと
今更ながら、学校へ通うようになってから高校まで意欲的に学習をしてこなかった。
友達が集中して学習していても、私は課題で出された事をひたすら行うといった感じだったと思う。
なぜか、大学に入学してから自分の学びたい分野の勉強に変わると、知識がするすると入ってくるようになった。
その後、会社に入り、研修期間を経て実際の業務になると、次は頑張って学習せざるを得なくなった。
疲れたなど考える間もなく、なにがあっても学習する時期が続いた。
勉強続きのライフスタイルをしばらくすると、次は高校時代に真面目にしなかった学習をやり直したいと思うようになった。
今では、同じように考えている人が友人にたくさんいる。

泣きながら自転車をこぐ君と夕焼け

お盆でも生家から外れて暮らしているとたいして意識することがないが、少なくとも、仏壇へのお菓子くらいはと考え生家へ送った。
生まれた家に居たら、香を握りしめて祖先の迎えにおもむいて、お盆のしまいに送り出しにおもむくのだが、外れているので、そのように実行することもない。
隣近所の方々は、線香を手に持って墓前に行っている。
そういったありさまが視野にはいってくる。
常日頃よりお墓の近辺には多数の車がとまっていて、人もめちゃめちゃたくさん目につく。

雲が多い祝日の早朝はビールを
興味はあっても行ったことはない、だけれども、しかし、夜の動物園は、夜行性の動物が大変盛んに動いていて見ておもしろいらしい。
前から知っていても、夜の暗さの中での動物園は行ったことがないけれど、娘がもう少しだけ動物をこわがらないようになったら行ってみようと思っている。
もう少し理解できるようになったら、きっと、娘も笑ってくれると思うから。
いつもの動物園と隔たりのあるたたずまいを私も妻もちょっとは経験してみたい。

涼しい休日の日没は歩いてみる

知人が最近道具を持って釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、ちょっとしかかからなかったらしい。
コッパが見えるほどいて、フカセ釣りが難しかったらしい。
けれどイノコの50cmサイズがあげれたらしいから、うらやましい。
一時前にいただいてさばいて口にしたが非常に好みだった。
大物でおいしい魚が釣れたと話を聞いたらすぐにでも行きたいが、もう少し我慢して今度だ。

息もつかさず走る妹と擦り切れたミサンガ
人それぞれに、物の趣味や気になるものが存在すると思うけれど、それらをリサーチするのが好き。
友人に聞いてみたところ、お金、パステルカラーの洋服、お母さんの事が好きで仕方ないとの事。
そして、男の人の血管の見える手首。
最後に、スペイン語の巻き舌。
自分には不明。
リンゴ飴、シャツを身につけないで厚手のニット、かなり薄めた香水、ハイトーンヴォイスな若い人が好きだと、言ってみた。
同じく理解できないと言われた。
まさにこれが、フェチという部類だという。

騒がしく吠える姉妹と公園の噴水

現在のようにネットが無くてはならない物になるとは、当時子供だった自分にはよくわからなかった。
物を売る商売の方々はこれから厳しくなるのではないかと思う。
ネットを活用し、なるべく安価な物見つけ出すことが可能だから。
競争が活発になったところでここ最近で目立つようになったのがセミナー起業や情報商材だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

泣きながら話すあいつとよく冷えたビール
一人の人間の大半が水分という研究もありますので、水の摂取は一人の人間の基礎です。
水分摂取を欠かさず、お互いに活発で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく太陽の中から蝉の声が聞こえるこの頃、いつもは外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して丁寧な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のスキンケアは夏が過ぎた時に出るといいますので、どうしても気にしてしまう部分ですね。
やはり、すべての方が気を使っているのが水分摂取についてです。
まして、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないもののこの時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
どうしてかというと、多く汗を出して、知らず知らずのうちに体から水分が出ていくからです。
外出した時の自分の体調も影響するかもしれません。
ひょっとして、自分で気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏のときの水分摂取は、次の瞬間の体調に表れるといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっとだけ出かける時も、小さなもので充分なので、水筒があったらとても経済的です。
一人の人間の大半が水分という研究もありますので、水の摂取は一人の人間の基礎です。
水分摂取を欠かさず、お互いに活発で楽しい夏を満喫したいものです。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 師匠は一人遊びが苦手 All Rights Reserved.

ページの先頭へ