師匠は一人遊びが苦手

「剣士」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるのかな。過去の体験や固定観念とかそんなのが、「幻」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。
フレーム上

雨が降る木曜の夜明けに窓から

鹿児島市に定住してみて、お墓にその日その日、献花をやっている人がひしめいていることに驚いた。
高齢の人は、毎日、墓前に菊をあげていないと、周辺の主婦の目が引っかかるらしい。
毎日、切り花をやっているから、毎月の切り花代もものすごくばかにならないらしい。
いつも毎日、近くの老年期の女の人はお墓に集まって花をあげながら、歓談もしていて、墓の陰気な雰囲気はなく、まるで、人が集う児童公園みたいにはなやかな雰囲気だ。

凍えそうな金曜の午前は椅子に座る
海辺に私たち家族は、在住しているので、地震の際の津波を離れて暮らす家族が不安に思っている。
ことのほか3月の大震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか小山は身の回りにあるのかとか質問する。
私と妻だって恐れているだけど、しかし、要領よく新しい家も見つかるわけではない。
ただし、本当に大津波がくるとなった場合に避難する通り道を定めていないととそう思うですが、海の横しか高台へ行く道路がないので、ちゃんと想像したら危険だと思えた。

雹が降った仏滅の夜明けに熱燗を

ショップ店員さんって私には無理・・・など考えるのは自分だけだろうか。
出勤の度に、徹底的に着飾らないといけない。
私なんて、外で働くときはスーツ着ればOKだし、化粧もしてればそれでよし。
外出するときは、自分でお気に入りの格好で良いし、在宅で仕事するときはスウェットでも大丈夫。
このことから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、就けない。
ショップに入ると店員さんが話しかけてきて流行やコーディネイトを教えてくれる。
どうしてもそれに怖くなり、その場から逃げ出してしまう。
こういった部分も、店員さんって難しそうと思う大きな理由の一つだ。

控え目に自転車をこぐ兄弟と枯れた森
雑誌を眺めていたり繁華街に行くと可愛いな〜と思える人は多い。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個人の雰囲気は、本人の内側かもしれない。
結構重要だと思う。
私が見てしまうのは歌手の西野カナだ。
歌番組を見て、初めて質問を受けている姿を見た。
女性らしい!と注目せずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、スタイルも丁度いい感じ、淡い色がピッタリ似合う印象。
会話がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
アルバムは結構聞くけれど、話している姿を見てますますファンになった。

余裕で踊る君と観光地

会社で就いていた時の先輩は、社長令嬢で、誰が見てもセレブだった。
小柄で明るくてテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護グループなど設立して、しっかりキャンペーンを行っている様子。
革の使用反対、ベジタリアン、動物実験反対。
少し前に、家にお邪魔したことがあった。
高級住宅地にある高層マンションで、皇居が見える。
その先輩、手入れの行き届いたきれいな猫ちゃんと同棲していた。

勢いで叫ぶあいつと紅葉の山
娘とのふれあいをすると、自分の子供はすごくなついてくれる。
一歳までは、会社の業務がものすごく激務で、会うことがあまりなかったため、たまたま抱っこしても泣かれていた。
実の父なんだけどと痛ましい思いだったが、仕事がめまぐるしいからと観念せずに、頻繁に、休みの日に散歩に連れ歩くようにした、抱えても、お風呂に入れても普通になった。
近頃、朝、玄関をでるとき、俺が行くことが悲しくて泣いてくれるのがほほがゆるむ。

騒がしくダンスするあなたと俺

友達と前から待ち合わせしていた。
福岡の恒例の巨大なエスカレーターの下。
携帯を見ると、30分くらい遅刻すると連絡が入った。
大きいテレビの前は待ち合わせ地点なので、待っている人も次々に約束の相手が現れる。
スマートフォンでミュージックを聴きつつ、景色を眺めていた。
でもあまりにも暇なので、そばのPRONTに入り、レモンティーを飲んでいた。
その後、同級生が遅くなってごめんね!と言いつつやってきた。
お昼どうする?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々まわってみたけれど、入りたい店を探せなかった。

寒い仏滅の早朝は冷酒を
まだ行ったこともないウォッカの国、ロシアに、一度は行ってみたいと夢を持っている。
英語に挫折しそうになった時、ロシア語を少しだけ息抜きにやってみようと思い立ったことがある。
しかし、ぱらぱらめくったロシア語の初歩的なテキストを見て一瞬にして断念した。
動詞活用が半端じゃないくらい多かったのと、私にはできない巻き舌。
旅行としてグルジアワインとロシアの料理を目標に行こうと思う。

前のめりで熱弁する妹と冷たい肉まん

20歳の時、株に関心をもって、買いたいと考えてたことがあるのだけれども、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったのだけれど、しかし、汗水たらして稼いでためたお金が簡単になくなるのも嫌で、購入できなかった。
証券会社に口座は開いて、資金も入れて、クリック一つだけで買えるように準備したけれど、恐怖で購入できなかった。
頑張って、働いて得たお金だから、稼いでいる人から見たら少なくてもでも無くなるのは恐怖だ。
でも一回くらいは買ってみたい。

余裕で自転車をこぐ子供と夕立
アンパンマンは、幼児に人気のある番組だけれどすごく暴力的に見える。
内容の最後は、アンパンチと殴って解決するといった内容が非常に多い。
小さな子にもすごく悪い影響だと私には思える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、あまり悪いことをしていないときでもぼこぼこにして解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を目撃したら、やめろといいながらすぐに殴りかかっている。
理由を聞かずに問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぶん殴って解決するからいつになっても改善されず、毎回同じだ。
思うのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 師匠は一人遊びが苦手 All Rights Reserved.

ページの先頭へ